家電

【2021年春夏】元販売員のおススメ冷蔵庫ランキングベスト3

今使っている冷蔵庫が購入後10年近く経っているなら、そろそろ買い替え時です。

特にこれから夏に向かって気温が高くなる季節、高齢の冷蔵庫にとっては厳しい季節になってきます。

 

冷蔵庫は他の家電と違って、1日でも無いと困る家電製品。

なので余裕をもって買い替えするのがおススメです。

 

今回は2021年春夏、買い替えにおススメの冷蔵庫ベスト3を紹介します。

 

本記事の信頼性

この記事は家電販売歴10年の私nananが書いています。

おうちに居ながら皆さんの家電選びのお手伝いが出来るように日々記事を執筆中。

詳しくはnananのプロフィールをチェック♪

 

【2021年春夏】おススメ冷蔵庫ランキングベスト3

第1位 パナソニック NR-E507EX-N

仕様

  • 定格容量:502ℓ
  • 幅650mm×奥行き699mm×高さ1,828mm
  • 冷蔵室ドア:片開き(左開きもあり)
  • 年間電気代:約7,210円

パナソニックが今年春に発売した商品ですが、発売から価格もかなり下がってお手頃に。

幅65cmの片開きってすごく珍しいんですけど、メリットは冷蔵室ドアポケットの収容力!

調味料やペットボトル、紙パック飲料をガンガン収納できます。

 

パナソニックらしく、冷凍室、野菜室が広く、食品の保存期間長持ち機能もしっかり搭載されているのでまとめ買いにもおすすめの冷蔵庫です。

 

ナノイーXで庫内の除菌脱臭も安心。

こんな方におすすめ

  • 片開きで大容量の冷蔵庫が欲しい!
  • 今まで通り、冷蔵庫に磁石がくっつくタイプで探している
  • 食材はまとめ買いしたい

第2位 東芝 GR-T510FZ-UC

仕様

  • 定格容量:508ℓ
  • 幅650mm×奥行き699mm×高さ1,833mm
  • 冷蔵室ドア:フレンチドア(観音開き)
  • 年間電気代:約6,430円

いつも東芝冷蔵庫は価格の下がり方が早いですが、今年は特にどんどん安くなっていってますね。

まだ発売して3か月くらいなのに7万円くらい安くなっています。

 

東芝冷蔵庫で最上位の性能を誇るので、高性能冷蔵庫をお得に手に入れたいなら東芝が今は一番狙い目だと思います。

 

野菜メインの方におすすめの野菜室真ん中冷蔵庫。

今モデルはUVライトも搭載していて野菜室内の除菌までやってくれます

 

振れるだけで冷蔵室のドアが開く、タッチオープン機能も健在。

 

ちなみに1位にしなかった理由は冷蔵庫全体の使い勝手でパナソニックの方が万人受けしやすいからです。

冷蔵室最上段の使いやすさや冷凍室、野菜室の引き出しが全開できる点がパナソニックがシンプルに使いやすさがあると思っています。
nanan

こんな方におすすめ

  • 野菜室は真ん中が良い
  • どうせ買うなら高性能モデルが欲しい
  • タッチオープン機能に憧れる

第3位 三菱 MR-MB45G-W

仕様

  • 定格容量:451ℓ
  • 幅600mm×奥行き699mm×高さ1,826mm
  • 冷蔵室ドア:片開き(左開きもあり)
  • 年間電気代:約6,890円

ここ数年安定した人気を誇る三菱。杏ちゃんとオードリー若林さんのCMが当たってますね!

幅60cmとスリムながら容量はばっちり450ℓクラスです。

設置場所や搬入経路が狭いお家でも対応しやすいサイズ感ですね。

 

三菱冷蔵庫といえば切れちゃう瞬冷凍や氷点下ストッカーなど、色んな保存方法を持っていて使い分けの幅が広いのが特徴

さらに野菜室が真ん中なので野菜を良く使う人にも使いやすいモデルになっています。

 

三菱冷蔵庫が気になる人はこっちもチェック

三菱冷蔵庫を使って6年目。切れちゃう瞬冷凍は切れない説を解説

続きを見る

 

こんな方におすすめ

  • 幅60cmでも容量は大きい方が良い
  • 野菜室真ん中冷蔵庫が欲しい
  • まとめ買いしたい

 

最上位クラスで今“買い”なのは東芝のみ

今回のベスト3で最上位タイプは東芝だけしか選んでいません。

各メーカーの最上位タイプは今年は春発売。まだ3か月くらいしか経っていないので基本的には夏過ぎてから価格がさらに下がっていくと予想されます

 

しかし東芝だけはガクッと価格が下がったので今買うなら東芝かな…と。

今使っている冷蔵庫がこの夏耐えれそうに無い、または既に寿命が来たという方以外はまだ購入に踏み切らなくて良いでしょう。

 

ちなみに…。東芝冷蔵庫で食品長持ち機能やタッチドアオープン機能を省いたモデルはもっと安くなっています。

最低限の機能で充分!という方は超おすすめですよ!
nanan

まとめ

従来は冷蔵庫は秋モデルチェンジでほとんど統一されていたので、この時期から結構お買い得商品が出てきていたのですが、今年は各社春に最上位クラスのモデルチェンジをしてきたので家電量販店に並んでいる冷蔵庫も価格は高め。

 

この春夏に狙うなら350ℓ~450ℓクラスの片開きタイプが低価格帯のものが多くおススメです。

 

春~夏にかけて気温が高くなる分、使用期間の長い冷蔵庫ほど負荷が掛かりやすい時期に突入します。

朝起きたら「冷蔵庫が冷えてないっ!!」ということも起こりうるので早めに次の冷蔵庫候補を見つけておきましょう。
nanan

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-家電
-

© 2021 ななんぶろぐ。 Powered by AFFINGER5