家電

【2022年冬春】元販売員のおススメ冷蔵庫ランキングベスト3

今使っている冷蔵庫が購入後10年以上経っているなら、そろそろ買い替え時です。

今年のファミリー向け冷蔵庫はほとんど春発売だったので、発売から半年経って価格もかなり下がってきています

価格の下がり方を見ると、今回も各社2月~4月頃にモデルチェンジが予想されます。
nanan
めりこ
ということはそろそろ生産完了商品が出てくるから狙っている冷蔵庫があるなら早めに購入しておかないとね!

 

冷蔵庫は他の家電と違って、1日でも無いと困る家電製品。

なので余裕をもって買い替えするのがおススメです。

 

今回は2021年秋冬、買い替えにおススメの冷蔵庫ベスト3を紹介します。

 

本記事の信頼性

この記事は家電販売歴10年の私nananが書いています。

おうちに居ながら皆さんの家電選びのお手伝いが出来るように日々記事を執筆中。

詳しくはnananのプロフィールをチェック♪

 

【2022年冬春】おススメ冷蔵庫ランキングベスト3

では、このシーズンの冷蔵庫おススメベスト3を紹介していきます。

 

第1位 パナソニック NR-F507HPX-N

仕様

  • 定格容量:500ℓ
  • 幅650mm×奥行き699mm×高さ1,828mm
  • 冷蔵室ドア:フレンチドア(観音開き)
  • 年間電気代:約6,912円

パナソニックの500ℓクラス最上位モデルがモデルチェンジ前で発売時より10万円以上安くなっています

幅65cmのスリムタイプなので設置も搬入もやりやすいモデル。

設置スペースの幅が70cmあれば設置可能なサイズです。
nanan

 

パナソニックらしく、冷凍室、野菜室が広く、食品の保存期間長持ち機能もしっかり搭載されているのでまとめ買いにもおすすめの冷蔵庫。

 

めりこ
とくに「はやうま冷凍」って機能が便利そう!
興味がある人はこちらの記事をどうぞ。
nanan
切れちゃう瞬冷凍vsはやうま冷凍 おススメはどっち?違いを解説

続きを見る

こんな方におすすめ

  • 家族2~4人構成で使える冷蔵庫を探している
  • 冷凍室や野菜室が広い冷蔵庫が欲しい!
  • 作り置きをしたい!

 

第2位 東芝 GR-T510FZ-UC

仕様

  • 定格容量:508ℓ
  • 幅650mm×奥行き699mm×高さ1,833mm
  • 冷蔵室ドア:フレンチドア(観音開き)
  • 年間電気代:約6,430円

いつも東芝冷蔵庫は価格の下がり方が早いですが、今年は特にどんどん安くなっていってますね。

 

東芝冷蔵庫で最上位の性能を誇るので、高性能冷蔵庫をお得に手に入れたいなら東芝が今は一番狙い目だと思います。

 

野菜メインの方におすすめの野菜室真ん中冷蔵庫。

今モデルはUVライトも搭載していて野菜室内の除菌までやってくれます

 

振れるだけで冷蔵室のドアが開く、タッチオープン機能も健在。

 

ちなみに1位にしなかった理由は冷蔵庫全体の使い勝手でパナソニックの方が万人受けしやすいからです。

冷蔵室最上段の使いやすさや冷凍室、野菜室の引き出しが全開できる点がパナソニックがシンプルに使いやすさがあると思っています。
nanan

こんな方におすすめ

  • 家族2~4人構成で使える冷蔵庫を探している
  • 野菜室は真ん中&大容量が良い!
  • タッチオープン機能に憧れる

 

第3位 三菱 MR-MX46G-W

仕様

  • 定格容量:455ℓ
  • 幅650mm×奥行き650mm×高さ1,826mm
  • 冷蔵室ドア:フレンチドア(観音開き)
  • 年間電気代:約6,966円

ここ数年安定した人気を誇る三菱。杏ちゃんとオードリー若林さんのCMが当たってますね!

幅65cm×奥行き65cmとどっちもスリムながら容量はばっちり450ℓクラスです。

めりこ
設置場所や搬入経路が狭いお家でも対応しやすいサイズ感♪

 

三菱冷蔵庫といえば切れちゃう瞬冷凍や氷点下ストッカーなど、色んな保存方法を持っていて使い分けの幅が広いのが特徴

さらに野菜室が真ん中なので野菜を良く使う人にも使いやすいモデルになっています。

 

三菱冷蔵庫が気になる人はこっちもチェック

“切れちゃう瞬冷凍は切れない説”は本当?三菱冷蔵庫歴6年ユーザーが解説。

続きを見る

こんな方におすすめ

  • 幅だけじゃなく、奥行きスリムな冷蔵庫を探している
  • 野菜室真ん中冷蔵庫が欲しい
  • 切れちゃう瞬冷凍が気になる

 

現行タイプの冷蔵庫は完売続々。おすすめ購入時期はまさに“今”

各メーカーの500ℓ以上のクラスはこの冬春で新製品に順次切り替えとなっていきます。

めりこ
パナソニックは2022年モデル発表→予約開始していますね。

 

新製品に切り替わる前の今のうちが安く冷蔵庫を購入するチャンスです。

半導体不足やコロナ禍などの理由で、注文→納品までに時間が掛かるケースも多いので、買い替えや新生活の準備で冷蔵庫を探している人はもう決断しておいた方が良いですよ。
nanan

 

新製品と現行モデルは、ほぼ機能変わらないのに10万円以上の価格差があります。

よほど新しいもの好きじゃない限りは価格が下がっている現行モデルを迷わず選んでOKです。

 

購入後に後悔しない、あなたに合った冷蔵庫の選び方

この記事では、使いやすさや価格を踏まえた上で、私の独断と偏見でおすすめ冷蔵庫を紹介しました。

「正直あまりこだわりが無い!」って人なら、今回紹介した3機種を参考にしてもらえたら嬉しいです。
nanan

 

でも、もっとしっかり調べた上で冷蔵庫を選びたい!と思ったらこちらの記事を参考にどうぞ。

販売員のトークに流されないで!自分に合う家族向け冷蔵庫の選び方

続きを見る

 

家電量販店では、どうしてもお店がその時売らなきゃいけないものがある以上、販売員のおすすめ=自分自身にぴったり合う商品とは限りません。

冷蔵庫は10年以上、毎日欠かさず使う家電なので自身にあったものでないと、せっかく高いお金払ったのに後悔するハメになってしまいますよ。
nanan
めりこ
家電は生活のストレスを減らすためのものだからそうならないようにしなきゃね。



まとめ

従来は冷蔵庫は秋モデルチェンジでほとんど統一されていたので、この時期から結構お買い得商品が出てきていたのですが、近年は各社春に最上位クラスのモデルチェンジをしてきたのでおススメとして年末~年始あたりかなと思います。

 

今は気温も低い日が続くので、冷蔵庫の買い替えによる食品の入れ替えもやりやすい時期。

めりこ
冷蔵庫も安なってるし、食材の入れ替えもやりやすいからまさに買い時!
朝起きたら「冷蔵庫が冷えてないっ!!」ということも起こりうるので早めに次の冷蔵庫候補を見つけておきましょう。
nanan

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでます

値引きしたければ必読レベル。家電量販店での価格交渉のやり方

続きを見る

家電製品を買うならやっぱり量販店?ネット購入のデメリットを解説

続きを見る

-家電
-

© 2022 ななんぶろぐ。 Powered by AFFINGER5