家電

家電量販店での値引き交渉のやり方。これを読めば誰でも成功します。


大小はあれど、家電製品って値が張りますよね。

だからこそ、出来るだけ出費を抑えたいというのは当然の気持ちだと思います。

今回は、元家電量販店販売員として10年間働いた私が誰でも成功する値引き交渉のやり方を紹介します。

 

本記事の信頼性

この記事は家電販売歴10年の私が書いています。

おうちに居ながら皆さんの家電選びのお手伝いが出来るように日々記事を執筆中。

詳しくはnananのプロフィールをチェック♪

 

家電量販店での値引き交渉のやり方

店員へは礼儀よく

ここで交渉の8割が決まると言っても良いです。

私も販売員時代、何度も値引き交渉を受けましたが、えらく高圧的に来るお客様も実際にいらっしゃいました。

店員も人間です。印象が悪い人に対して親切にしようとは思いません。お互い気持ちよく対応出来る様にならないと交渉のスタートにも立てません。

逆にこれが出来ない方は交渉向いてないので、ここでこのページから離れましょう。

 

「これいくらになりますか?」はNGワード

値引き交渉する際に一番言っちゃいそうなワードですが、実はこれ、損する可能性が高いです。

お店としては本来、1円でも値引きせずに済ませたいものです。

この交渉方法だと、適当な価格を提示されるだけ。勿論そこからさらに食い下がる手もありますが、非常に効率の悪い交渉だと思います。

常に相手に主導権を持たれてしまうやり方ですね。

 

比較対象をしっかり提示する

他のお店の価格や、価格ドットコムなど、比較対象をしっかり店員に提示することが大事です。

比較対象が無い場合でも、いくらなら購入するかという話をしてもOK。

店員側として一番困るのが、いくらにしたら買ってくれるのかわからない場合です。

 

たまに、「他のお店が安かった」→「いくらでしたか?」→「教えれない」というやり取りになる人いますが、交渉にならずお互い良い結果を生みません。

また、他のお店の条件を伝える際、以下の内容をしっかり伝えると良いです。

他店比較する際に伝えるべき条件

  • 価格(税込みor税抜き)
  • ポイントやおまけ
  • 延長保証の有無

 

お店にもメリットのある値引き交渉を

まとめ買い

複数購入はお店にとっても1回の接客で大きな売上が得れるチャンス。有効な交渉手段です。

後述しますが、電子レンジや炊飯器、掃除機などの小物家電の購入予定があれば、冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどの大物家電とのまとめ買いがおすすめです。

小物家電はあまり利益が乗っておらず、交渉しても値引き出来るのはたかが知れています。

 

また、まとめ買いする際も合計予算を伝えておくと交渉がスムーズに進みやすいです。

 

店舗独自のサービス加入

お店が発行しているクレジットカードや会員サービスなど、店舗独自のサービス加入も値引き交渉に有効な手段です。

特にクレジットカードは年会費無料で発行しているお店が多く、そのお店で使用した際の特典も別に得る事が出来るケースがほとんどなので作っておいて損は無いです。

値引き交渉の最後の一押しとしてもおすすめの提案方法になります。

 

お店のおすすめ商品は狙い目

売場で目立つように「今週のおすすめ品」などで展開されている商品を狙う手もあります。

こういった商品は、

  • 売れれば利益が大きい
  • 在庫を早く捌きたい

のどちらかのパターンがほとんど。

つまり主導権がこちらになりやすいので、おすすめ商品で機能面含めて納得できるなら積極的に交渉してみましょう。

 

値引きには限界がある

お店も慈善事業では無いので、マイナスになってでも値引き対応してくれることはあまりありません。どこかで限界があります。少しでも値引きたいのなら、事前にしっかり市場価格を把握しておきましょう。明らかに世間知らずな価格を提示して来られても、これもまた交渉になりません。

 

大幅値引きしやすい商品

値引きしやすい家電製品、値引きしにくい家電製品があります。以下のまとめを参考にしてください。

値引きしやすい商品

  • 大型冷蔵庫
  • ドラム式洗濯機
  • エアコン

値引きしにくい商品

  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • 掃除機
  • 照明
  • パソコン
  • タブレット
  • その他小物家電

基本高価格帯の商品ほど、大幅値引きしやすいです。特に新商品などは交渉すればほぼ間違いなく値下げしてくれます。

逆に低価格帯の商品はそこまで値引けない事がほとんど。利益があまり乗っていません。

「冷蔵庫ではたくさん値引いてくれたのに!」というのも通用しません。

 

値引き額の目安

実際どのくらい値引き出来るのか。お店によってや勿論商品によっても違いますが10%以上値引きが出来るケースは稀ということだけは覚えておきましょう。

特に価格ドットコムの最安価格より、実質金額で安くなればもう買っておいた方が良いです。

その価格を他のお店で提示しても、同じ条件に合わせるだけか、ほんの僅かに安いくらいなので時間と労力を考えたら損しているパターンがほとんど。

 

大体5~7%くらいの値引きを提示してくるお店がほとんどです。

勿論例外もあり、他店対抗価格中の商品などで、すでに表示金額の時点で赤字のものもあるのでその場合は値引き出来ない場合もあります。

 

正直ネット購入の方が楽

価格交渉が不要

ここまで書いて言う事ではないかもしれませんが(笑)

ネット価格の方が安いのは当たり前。人件費などでのアドバンテージがあります。

交渉を頑張ったところでネット価格に合わせるくらいが限界なら、最初からネット購入で良いのではというのが持論です。

交渉って時間と手間が掛かるので果たして本当に得したのか微妙な場合もあります。

その点ネット購入であれば面倒な交渉不要でサクッと買えちゃいます。

 

店員からの別商品アピールが面倒

商品を決めて購入しに行ったのに、他の商品を勧められること多くないですか?

メーカーからの販売員は勿論自身のメーカー商品を勧めてきますし、家電量販店自体の店員も実は拡販商品などが指示されているため、常に公平な案内をしているとは限りません。

別商品を提案されている時間が無駄ですし、決めていた商品を何となく批判されて不快な気持ちになったりもします。

 

手続きに時間が掛かる

お店に行って、店員を探して、交渉して、手続きをして、お会計をして、家に帰って…。

家電量販店って結構長い時間拘束されるんですよね

折角の休日の大切な時間がかなり削られたのに、出たとしてもネット価格と同じくらいって悲しくないですか?

ネットなら営業時間も気にせずにちょっと空いた時間にパパっと購入出来ちゃいます。

このコロナ禍で無駄な外出、人との接触もせずに済みますしね。

 

まとめ

今回紹介した交渉術って家電製品の値引きだけでなく、仕事においても同じだと思います。

お互いがwin-wimになるような交渉をすれば、基本的に成功します。

 

また、最後にネット購入を勧めていますが、もちろんネット購入には注意も必要です。

基本的に設置が絡む商品の購入はしっかり条件面を確認するようにしましょう。また、返品条件や配送日時の指定が出来るかなどもチェックしておくと良いです。

 

ネット購入に関してはこちらの記事も参考にどうぞ。

家電製品を買うならやっぱり量販店?ネット購入のデメリットを解説

続きを見る

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-家電

© 2021 ななんぶろぐ。 Powered by AFFINGER5