※当ページのリンクには広告が含まれています。

レビュー 家電

家電販売員がフィリップスの空気清浄機「AC0650」を本音レビュー!これは“買い”です。

フィリップス 空気清浄機 AC0650

Amazonや楽天などのネットショップを中心に販売されているPHILIPS(フィリップス)の空気清浄機「AC0650」

めりこ
めりこ

フィリップスって電動歯ブラシやシェーバーのメーカーってイメージだけど空気清浄機も出しているんですね。

nanan
nanan

フィリップスはオランダに本拠地を置くメーカーになります。ヘルスケア製品を中心とした製品を開発していて、実は空気清浄機もデザイン性やコスパの良さから人気があります。

しかし家電量販店などで実際に見る機会が少ないので、「これ本当に良いの?という疑問や不安があると思います。

というわけで今回は実際にフィリップスの空気清浄機「AC0650」を試したうえで徹底レビューしていきます。

本記事の信頼性

この記事は家電販売歴10年以上の私nananが書いています。

おうちに居ながら皆さんの家電選びのお手伝いが出来るように日々記事を執筆中。

詳しくはnananのプロフィールをチェック♪

こんな悩みを解決します
・フィリップス空気清浄機「AC0650」を実際に試したレビューが気になる
・AC0650のメリット・デメリットを知りたい
・AC0650は本当におすすめ?

フィリップス空気清浄機「AC0650」レビュー

AC0650 付属品

それでは実機をチェックしてみましょう。

付属品は「本体」「電源コード」「フィルター(本体内に包装された状態で同梱)」「ユーザーマニュアル」その他には外国語で書かれた書類です。

nanan
nanan

英語などの外国語で書かれた書類は気にしなくて大丈夫です。ユーザーマニュアルに日本語でちゃんと説明されているから使用も設定も問題ありませんでした。

特徴

AC0650 仕様
・最大適用床面積:24畳
・運転モード:ターボ/ミディアム/スリープ
・サイズ(約):幅23cm×奥行き22cm×高さ34cm
・フィルター:NanoProtect HEPA
・フィルター耐用年数:1年
・電気代:約5円(24時間使用した場合)

一般的はHEPAフィルターよりも優秀なのがフィリップスのフィルター。

PM2.5の1/800以下の大きさの粒子も99.97%以上除去できる実力を持っているので、部屋に浮遊する微細なゴミやウイルスをしっかりキレイにしてくれます。

もちろんP.2.5よりも大きいハウスダストや花粉もしっかりキャッチできます。

AC0650 フィルター性能
めりこ
めりこ

電気代も1日中使い続けても約5円とかなりお得に使えますね。

最大適用床面積は24畳まで対応しているので寝室や書斎だけでなくリビングでも活躍してくれるパワフルさ。

nanan
nanan

最大適用床面積は簡単に言うと、「30分できれいにできる部屋の広さ」を表しています。

つまりその数字の広さまで対応しているというよりは空気清浄のパワーの指数と思っていた方がよいです。

「我が家は24畳もないからこの商品は能力高すぎる」というわけではないので、一人暮らしでも候補に入れて全く問題ありません。

使い方

使うまでの準備もとても簡単でした。

フィルターをセットして電源を繋いで運転開始するだけ。運転モードの切り替えは本体天面の中心にあるボタンを押せば切り替えできます。

AC0650 上部ボタン

フィルターのセットや交換は本体をひっくり返して裏面のフタを開けておこないます。

AC0650 フィルター交換 蓋

ツマミを回してフタを開けて…

AC0650 フィルター取り付け

本体にフィルターをセットしたら完了!固定させたりもなく、フィルターを本体に入れるだけなので簡単です。

ちなみに本体の操作はスマホ連携してアプリ操作できるようにしておくとかなり便利です。

スマホアプリでできること
・電源のON/OFF
・運転モード変更
・居住地域の大気環境チェック
・フィルター交換の目安チェック
・スケジュール運転設定

アプリ画面はこんな感じ。

フィリップス アプリ画面

iPhoneならSiriを利用したショートカットも利用できるので音声で操作もできます。

普段のお手入れは本体の汚れを拭き取ったり、1か月に1回フィルターの表面を掃除機でキレイにしたりするだけでOK。

フィルター交換は1年に1回、本体やスマホアプリで交換時期になるとお知らせしてくれるので専用のフィルターを購入して交換しましょう。

実際に使ってみた感想

あえて機能を絞ってあるので操作がかなりシンプル。スマホ連携なしだと電源繋げばすぐに使えますし、スマホ連携すればもっと便利に使えます。

nanan
nanan

AC0650は加湿機能が付いていませんが、そのお陰でお手入れ箇所も少なく、カビ対策なども必要ないので加湿にこだわらないならむしろ嬉しいポイントですね。

本体はちょっとしたゴミ箱サイズのコンパクトさなのでお部屋を圧迫しません。

AC0650 大きさ

ちなみに電源コードは1.5mと結構長めになっています。

AC0650を使って感じたメリット・デメリット

評価

数日使い続けて感じたメリットやデメリットについて解説していきます。

nanan
nanan

購入を検討しているなら必見です。

AC0650のメリット

個人的には総合評価は高くデメリットをメリットが上回っているなと感じました。

“普段使いしやすか”という点において約1万円という価格帯でこれだけあれば充分すぎです。

操作が簡単

モードも3種類、言ってしまえば「強・中・弱」なので非常にわかりやすい。

スマホ連携をすれば本体を触る機会はお手入れするときくらいですし、スマホのアプリ画面も非常にシンプルだから直感的に操作ができます。

nanan
nanan

だからこそ本体デザインもボタンや操作用の文字を抑えられていてインテリア性の高いものに仕上がっています。

手入れが楽

特徴のところでも紹介しましたが、フィルター掃除は月に1回、フィルター交換は年に1回とかなり楽。

本体もそんなに重くないので誰でも簡単に持ち上げて場所を移動させることもできます。

予想以上に静かだった運転音

これは私の予想を良い意味で裏切ってくれました。

それなりには音がするかなと思っていましたが、ミディアムモード(中)運転であまり気になりません。

nanan
nanan

エアコンの暖房の音の方が全然大きいです。

扇風機とあまり変わらない感じですね。ターボモード(強)にすれば扇風機の強運転に近い音ですし、スリープモード(弱)は余程音に敏感な人でない限り睡眠の邪魔になることは無いと思います。

ちなみにAC0650は本体の操作ボタンが天面に1つあるだけなので暗い部屋でもあまり光が目立たずに気が散りませんでした。

AC0650のデメリット

正直大したデメリットでも無いのですが、使っていて「ここはちょっとな…」と感じた点を紹介します。

電源の位置が使いにくい

電源の位置が本体背面の下側にあります。

なのでスマホ連携せずに本体のみで操作をしようとすると電源のON/OFFがやりづらいです。

nanan
nanan

正直AC0650はスマホ連携をすべき空気清浄機だと思います。

アプリ設定でつまずく人もいるかも

スマホアプリのインストールから設定までは同梱されている「ユーザーマニュアル」と起動したアプリの指示に従っていけば大丈夫です。

しかし何点かわかりづらい箇所があるので紹介しておきます。

本体をWifi接続する際の初回セットアップ

ユーザーマニュアルでは電源を入れるとWifiインジケータ(電波のマーク)がオレンジ色に点灯となっていますが、私の場合はなりませんでした。

別途調べてみると、AC0650は「本体の電源が入っている状態で電源ボタン長押し」でインジケータが点灯しました。

Wifi設定時は2.4Ghz帯のみ対応

本体をWifi接続するとき、5Ghzのネットワークには対応していないので、2.4Ghzの方で接続するようにしましょう。

nanan
nanan

接続時のSSIDやパスワードはインターネットのルーター本体に記載があるはずなのでそちらをチェックしてください。

AC0650はこんなあなたにおすすめ

ハート

実際に使ってきたうえで、フィリップス空気清浄機「AC0650」がどんな人におすすめなのかを最後に解説ます。

とりあえず部屋の空気をきれいにしたい人

そこまで性能やその時々の機能の使い分けを細かくやりたいわけではなく、とりあえず部屋の空気を今よりきれいにしたいという人にピッタリな空気清浄機です。

空気清浄機は他メーカー含めるとたくさんの機種が販売されています。

nanan
nanan

例えばイオンによる除菌、加湿機能、センサーを使って空気の状況を見ながらの自動運転などの機能が搭載されたものなど高グレードの機種もあります。

しかし価格帯は5万以上、それどころか10万円前後するようになるので気軽に買える値段ではありません。

部屋のホコリや花粉、ウイルスなどをきれいにしたいという、純粋な空気清浄機能をメインで考えるなら1万円台という価格は相当魅力的です。

  • 初めての空気清浄機を検討している
  • 一人暮らしで使える空気清浄機を探している
  • 寝室や子供部屋用にコンパクトで静かな空気清浄機を探している

以上のような人たちにもおすすめです。

機能や性能重視ならAC2939がおすすめ

コンパクト性も大事だけど、もう少し性能も求めたいというなら同じフィリップスの「AC2939」もおすすめです。

AC2939AC0650
型式AC2939AC0650
最大適用床面積60畳24畳
運転モード自動/ターボ/ジェントル/スリープターボ/ミディアム/スリープ
フィルターNanoProtect HEPA+活性炭NanoProtect HEPA
フィルター耐用年数3年1年
電気代(24時間あたり)約30円約5円

空気清浄能力がよりパワフルになっているので広めのリビングでも申し分ない実力を発揮してくれます。

さらに活性炭フィルターも搭載されているので、不快な臭いにも効果が高くなり、より快適なお部屋を維持してくれます。

nanan
nanan

フィルター交換も3年に1度になりますし、フィルター交換時は本体側面のフタを開けるだけでできるのでAC0650よりもさらにお手入れが楽になっていますね。

部屋の空気状況をセンサーで検知し自動で最適な運転をしてくれる自動モードも搭載。空気の清潔性も本体の表示パネルにカラーライトで表現してくれたりと至れり尽くせり。

AC2939 スマートディスプレイ
めりこ
めりこ

スリープモードではさらに静かに運転できるようになていますし、チャイルドロックも搭載されているから小さな子供やペットがいる家庭におすすめです。

これだけ機能性能がプラスされて5万円以内で余裕で収まるのでこちらもコスパはかなり高いです。

フィルター交換の頻度が1/3になると考えればAC0650との差もそこまで大きいとは感じません。

電気代は24時間運転して約30円ですが、一般的な空気清浄機がそのくらいなので特段高いわけではないです。

より性能機能を重視するならAC2939を選びましょう。

まとめ:やはりフィリップス空気清浄機はコスパ大で使いやすかった

約1万円で卒なく部屋の空気をきれいにできるフィリップスの空気清浄機「AC0650」

家電量販店での取り扱いがあまり無く、Amazonや楽天などのネットショップでしか見かけないので購入に踏み切れない人もいるかと思いますが、実際に私が試してみた感想としては「使いやすさ」「お手入れのしやすさ」「静音性」そして「デザイン性」どれをとっても1万円以上の価値は余裕で超えていると感じました。

フィリップスは海外メーカーということで、国内ではシャープやパナソニックに比べると空気清浄機としてのイメージは少ないかもしれませんが、欧州ではメジャーで人気も高いです。

nanan
nanan

メーカー保証も最初から2年ついているので安心して使えます。

予算を抑えて空気清浄機を検討しているなら、フィリップスのAC0650は非常におすすめですのであなたも試してみてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-レビュー, 家電
-