※当ページのリンクには広告が含まれています。

家電

NA-LX129CとLX127Cを家電のプロが徹底比較!違いを解説します

パナソニックドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機の中でも高い人気を誇るパナソニックのLXシリーズ。

その中でも洗剤柔軟剤自動投入や温水洗浄を搭載している上位2機種「NA-LX129C」「NA-LX127C」は人気が集中する機種です。

めりこ
めりこ

でもこの2機種、価格が約5万円差あるのに機能の違いがわかりにくいんですよね。

今回はこの2機種の違いとどちらがおススメなのかを詳しく解説していきます。

本記事の信頼性

この記事は家電販売歴10年の私nananが書いています。

おうちに居ながら皆さんの家電選びのお手伝いが出来るように日々記事を執筆中。

詳しくはnananのプロフィールをチェック♪

こんな悩みを解決します
・NA-LX129CとNA-LX127Cの違いを知りたい!
・買うならどっち?

NA-LX129CとLX127Cの違い

NA-LX129CとNA-LX127Cの仕様・機能を表にまとめてみました。

NA-LX129BL-WNA-LX127BL-W
型式NA-LX129CL-WNA-LX127CL-W
右開きNA-LX129CR-WNA-LX127CR-W
操作パネルカラータッチパネルホワイト液晶操作パネル
洗濯容量
乾燥容量
12㎏
6㎏
12㎏
6㎏
定格洗濯時間(約)
定格洗濯乾燥時間(約)
32分
98分
32分
98分
AIエコナビ水温・衣類の量・衣類の質水温・衣類の量・衣類の質
ナノイーX(黒カビ菌除菌)×
スマホ連携
トリプル自動投入
温水洗浄
ステンレス乾燥フィルター
※画像はパナソニック公式HPより引用

ほとんどの機能は同じになっているこの2機種。

nanan
nanan

違いは「ナノイーXの有無」「タッチパネルの有無」になります。

ナノイーX

パナソニック ドラム式洗濯機 LX129 ナノイー

最上位機種のNA-LX129CにはナノイーXが搭載されています。

nanan
nanan

ナノイーXがあると以下のことができるようになりすよ!

  • 水で洗えない衣類の消臭や除菌、花粉ケア
  • 洗濯槽のカビ除菌

衣類は革製品もOKだからジャケットなどもOK!外食時についた焼肉臭やタバコ臭を抑えてくれます

めりこ
めりこ

特にスーツのジャケットやコートなど、「翌日も着るのにニオイが気になる…」なんて時に対策できるのは便利です。

nanan
nanan

洗濯槽のカビ除菌については以前の機種よりも効果が高くなっているので清潔性がアップしています。

タッチパネル

パナソニック ドラム式洗濯機 LX129 タッチパネル

私は現在、NA-LX129を使用していますがタッチパネルは思った以上に便利です!

タッチパネル液晶のメリット
・イラストと大きな文字で表示してくれるから見やすい
・ヘルプを押せば説明を随時確認できるから取説不要
・過去の運転履歴からコースを選べるので操作数が少なくて済む
・ボタン式に比べて軽い力で操作できる
nanan
nanan

特に履歴からコース選択できるのは相当快適。

よく使うコースはある程度数種類に絞られると思うので、履歴から選択できればストレスを減らせます。

デザイン

NA-LX129A デザイン
パナソニック公式HPより

操作部がタッチパネルになることで余計な文字やボタンなどが排除されている分、LX129Cは他に比べてスッキリしたデザインになっています。

NA-LX129C タッチパネル
パナソニック公式HPより

洗濯機は生活の中で毎日視界に入る家電。洗濯機置き場の空間づくりにこだわりたいなら、よりスッキリしたデザインのNA-LX129Cがおススメです。

LX129C vs LX127C 買うならどっち?

予算関係なしならNA-LX129Cが良いに決まっていますが、LX127Cと比べると約5万円差というのは無視できない金額差。

nanan
nanan

実際にLX129を使ってみたうえで、それぞれの機種がどんな人におススメなのかを紹介します。

とにかくストレスを減らしたいならLX129C

コースの種類はNA-LX127Bとほぼ同じですが、タッチパネル操作によるコース選びの使いやすさ、履歴機能、コース検索機能など誰でも使いこなしやすいようになっているのがLX129Cの魅力

nanan
nanan

ナノイーX搭載でカビ除菌など他のドラム式洗濯機以上のケアができる、本当に“何でも入り”のモデルです。

タッチ液晶になったことでかなりスッキリしたデザインになっており、インテリア性にもこだわりたいなら間違いなくこの機種ですね。

めりこ
めりこ

タッチなら長年使い続けてもボタン部分が少ないから手垢で汚れていくなんてのも少ないですよね。

基本コースしか使わないならLX127Cで充分

毎回色んなコースを使い分けることがないならタッチ操作でなくてもOKだと思います。

そんな人はLX127Cがおススメ。

nanan
nanan

実はタッチパネルタイプのLX129Cよりもこっちの方が電源の立ち上がりが早く、せっかちさんにはこっちの方が好まれます。

ドラム式洗濯機の耐用年数は7年

洗濯機の耐用年数は7年。使い方にもよりますが基本的に7~10年くらい使い続ける人が多いです。

nanan
nanan

LX129CとLX127Cの価格差5万円も7年使うと考えれば1年あたり約7千円、1か月あたり約600円の差

1か月約600円でタッチ操作の快適性やナノイーXによる清潔性強化が手に入ると考えたときに安いと感じるのか、高いと感じるかで選ぶと良いと思います。

LX129C、LX127Cどちらも値引きできない

パナソニックのドラム式洗濯機(LXシリーズ)はメーカー指定価格商品となっており、どの家電量販店でもまったく同じ価格、しかも値引き交渉ができないようになっています

メーカー指定価格商品とは

製品の販売価格を家電量販店などの販売店ではなく、メーカーが指定できるようになっている仕組み

対象製品が売れ残った際のリスクをメーカー側が持つので、ざっくりしたイメージでいうと『メーカーが家電量販店の場を借りて直接販売している』状態。

nanan
nanan

家電量販店関係者の間では「条件付き販売商品」という言い方もされています。

メーカー指定価格については別記事で詳しく解説しています。

パナソニック以外だと型落ちの日立もおススメ

値引きができないのでどうしても他メーカーに比べると価格が高いパナソニックのドラム式洗濯機。

nanan
nanan

「さすがにもっと価格を抑えたい」というなら個人的に日立がおススメです。

パナソニック同様、温水洗浄や洗剤柔軟剤自動投入に対応。洗浄力、乾燥能力も高くお手入れも簡単とかなり魅力的です。

めりこ
めりこ

乾燥を使ったときの電気代の高さがネックだけど、機能的なバランスが取れていてパナソニックと同様人気のメーカーですね。

nanan
nanan

日立は今回のモデルからパナソニック同様、メーカー指定価格になりましたけど旧型は対象でないので、購入できるうちはおススメ!

日立のドラム式洗濯機についてもっと知りたいなら別記事で詳しく解説しています。

まとめ:どこまで求めるかで自分にあった機種を選ぼう

パナソニックドラム式洗濯機の上位2機種である、LX129CとLX127Cは「ナノイーX」、「タッチパネル」この2つの違いだけです。

nanan
nanan

ただしこの2つのお陰で使いやすさが向上しており、よりストレスフリーを求めるならLX129Cを選ぶ価値はあります!

この2機種を含むパナソニックドラム式洗濯機(LXシリーズ)はメーカー指定価格商品となっているので値引き交渉できません。そういった意味ではLX129Cよりも約5万円安いLX127Cもかなり魅力的。

この記事を参考にしつつ、あなたにぴったりな機種を選んでもらえたらと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-家電
-