レビュー 家電

TH-55JZ2000を購入!私が4K有機ELビエラに決めた理由

10年ぶりにテレビを買い替えました!

今回購入したのはパナソニックビエラ「TH-55JZ2000」

ついに有機ELテレビデビューです!
nanan

 

今回テレビ買い替えするにあたり、色んな機種と比較。

悩みに悩んでパナソニックビエラに決めました…!

 

今回購入に至るまでの経緯があなたのテレビ選びの参考になればと思い、レビューブログとして紹介していきます。

 

本記事の信頼性

この記事は家電販売歴10年の私nananが書いています。

おうちに居ながら皆さんの家電選びのお手伝いが出来るように日々記事を執筆中。

詳しくはnananのプロフィールをチェック♪

 

こんな悩みを解決します

  • TH-55JZ2000の購入レビューが知りたい!
  • パナソニックビエラにした理由は?他の候補は?
  • 液晶ではなく有機ELを選んだ理由は?

 

4K有機ELビエラ TH-55JZ2000を購入&レビュー

今回買い替えたパナソニックビエラ「TH-55JZ2000」について、早速レビューしていきます。

仕様

  • 画面サイズ:55V型
  • パネル:4K有機EL
  • 2番組同時録画可能(外付けHDD)
  • 動画サービス:NETFLIX / Amazon prime video / U-NEXT / hulu など対応
  • イネーブルド&ワイドスピーカー搭載(音声実用最大出力125W)
  • その他:音声操作対応 / 転倒防止スタンド / 首振り対応

 

有機ELパネルが鮮やか!

パナソニック公式HPより

最近のテレビってどれも綺麗だなって思っていましたがやっぱり有機ELは相当な高画質映像を楽しめます!

映画やアニメ、そしてゲームも鮮やかに映してくれるので没入感ハンパなかったです…。

テレビのパネルってほとんどLG製なんですけど、パナソニックのJZ2000は他メーカーと違ってLG製パネルを基に、そこから独自設計&組立てした特別仕様。よりコントラストが高くなって綺麗な映像を楽しめるようになっています。
nanan

 

元の画質がそこまで無いのであまり期待していなかった地上波も補正を掛けてくれて思った以上に綺麗な映像になってたのは嬉しかったポイントです。

 

音が良い!

パナソニック公式HPより

最近のテレビって薄型化していったせいで搭載されているスピーカーも小さくなって音質が微妙でした。

でもこのJZ2000はテレビの上部とサイドにもスピーカーを搭載

部屋の壁に音を反射させることで映画館の中にいるような音響体験ができます。
nanan

 

実際にテレビで映画視聴をしましたが別にスピーカーを設置しなくてもテレビ本体だけでこれだけ音が出せれば大満足!

かなり迫力ありました!映画はもちろんですし、アーティストの音楽ライブ映像なんかも臨場感たっぷりで楽しめましたよ。

ちなみに人の声がかなりクリアに聴こえるのでニュース番組も非常に聴き取りやすかったです。
nanan

 

スマホやタブレットでテレビ番組が観れる!

パナソニック公式HPより

これ非常に便利。

テレビの無い寝室だったり、お風呂でもテレビ番組(リアルタイムや録画番組)をスマホやタブレットで楽しむことができちゃいます。

ただしテレビ本体の電源が入っているときはリモート視聴はできないのは要注意。
nanan
めりこ
外出先からの録画予約もできるみたいだからこの機能だけでも便利すぎる…!

 

4K有機ELビエラ TH-55JZ2000を選んだ理由

正直、SONY(ソニー)のブラビアとすごく悩みました…。

今回候補としてずっと競っていたのはXRJ-55A90J

もうね、テレビのデザイン性は完全にこっちが好みでした。

絵画のような1枚の大きな画面いっぱいに映し出される映像。それ以外の余計なものは視界から省かれていて映像のみに集中できるのは素晴らしいの一言。
nanan

そして画質。

これに関しては好みの世界なのであくまでも私個人の意見ですが派手めの色を出すSONYの方が私好みの絵づくりだったんです。

 

でも自分自身がテレビに求めること、普段の使い方から比較していき、最終的にパナソニックに決めました。

 

スピーカーのレベルが高い

最初の方で言ったように、最近のテレビって音はあまり強くありません。

とは言っても最近は各メーカーともに力を入れてきてはいますし、何より音にこだわるなら別にスピーカーを購入して接続すれば良いだけではあります。

 

でも私はそこまで本格的でなくてもOKだったという点、そして何よりスピーカー接続のためにコンセント含めた配線を増やしたくなかったということで、テレビ単体でレベルの高い音を出せるパナソニックビエラを選びました

 

既に記載していますが、充分すぎるくらい迫力のある音が出せますよ!よほどホームシアタールームなどこだわった空間づくりしない限り満足いくレベルです。
nanan

 

テレビのデザイン

デザイン性…。テレビ本体のスタイリッシュさはSONYでした。

ただひとつ、どうしても気になったのがテレビを支えるスタンドです。

 

SONYのXRJ-55A90Jは画面幅とほぼ同じ位置にスタンドが両脇に付いているので、画面幅以上のサイズのテレビボードが必要でした。

私が今使っているテレビボードはもっと小さいサイズなので買い替えが必要だったんです

 

でもパナソニックのTH-55JZ2000はスタンドが従来のテレビのように中心部分にスタンドがあり、テレビボードも今使っているものをそのまま使える!

パナソニック公式HPより

しかも転倒防止機能が搭載されていて、スイッチをONにすれば設置面が吸着して倒れにくくなってくれます。

特許も取っている技術!子供がいる家庭でも安心です。
nanan

 

外付けHDD録画

SONYって昔から録画するならレコーダー買おうねって感じが強く、外付けHDD録画機能は他メーカーより力が入ってないんですよね。

2番組同時録画などは流石にSONYでも出来るんですけど、録画後のチャプター割りをやってくれないのでCM部分だけを一発でスキップしたりができないのが不便!

 

そこさえ無ければもっとSONYと悩んだと思います…。
nanan

 

もちろんパナソニックはしっかりチャプター分けしてくれるので快適に録画番組を楽しめます。

 

液晶ではなく有機ELを選んだ理由

そもそも液晶じゃなくて有機ELテレビを選んだ理由を最後に紹介します。

有機ELテレビが国内で販売されるようになってから数年で価格も下がってきてはいますが、それでもまだ液晶テレビと比べると割高です。

 

それでもなぜ有機ELテレビに決めたのか。

テレビ選びの参考にしてみてください。
nanan

 

映像の鮮やかさ

より鮮やかな映像を楽しめるのは有機ELテレビですね。

そして明暗がくっきり映せるので夜景シーンなどもすごく綺麗ですし、奥行き感もしっかり感じれて臨場感を味わえます。

 

私の場合は地上波のドラマやニュースというよりは、映画やアニメ、ゲームなどで楽しみたかったので、より鮮やで綺麗な有機ELテレビを選ぶことにしました。
nanan

 

画面焼き付き問題

有機ELテレビを検討するときに一番悩むのがここじゃないでしょうか。

 

焼き付き問題って?

ディスプレイに同じ画像が表示され続けると、その画像が残像として残り続けてしまう現象。

特に有機ELテレビが登場した当初はこの問題が起きていました。

 

ただ、最近の有機ELテレビは焼き付き問題が起きないような対策が取られていますし、対策された機種が出てから年数もまだそこまで経っていないので正直不明です。

 

でも昔ほどではないでしょうし、今は心配しなくてもOKという声も出てきてるので私は思い切って気にしない事にしました!

口コミでもポジティブなコメントを見つけました。
nanan

 

テレビで楽しみたいこと

私が家電選びで大事にしていることは、『自分がその家電で何をしたいか』です。

販売員時代にお客様から頻繁に質問されていたのが、「どの機種が人気ですか?」や「一番いいやつどれですか?」というものでした。

 

でも100人中100人が一番良いと思ってもらえる商品って無いんです

完璧な商品なんてなくて、どの機種も一長一短あって、自分の使い方に合わせてベストなものを選ぶことが大事なんですよね。
nanan

 

今回のテレビで言えば、映画やゲームをより綺麗な映像で楽しみたい。スポーツなど動きが多い映像でもブレなく綺麗に観戦したい。

それなら液晶よりも有機ELテレビの方が私には向いている!

そう思ったので今回は有機ELテレビを購入しました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はパナソニックの4K有機ELビエラ TH-55JZ2000についてレビューしました。

  • さすが有機ELテレビといえる超高画質
  • テレビ本体で充分すぎるほどの高音質
  • スマホ視聴や外付けHDD録画の使いやすさ

総合評価として本当に満足のいく買い物になりました。

 

今回レビューしたTH-55JZ2000は昨年2021年5月に発売したモデルなので今が価格も下がって買い時です。

半導体問題もあって早期の生産終了もあり得るので、検討しているなら早めの購入がおすすめですよ!
nanan

 

私が購入したのは55V型でしたが、もっと大画面で楽しみたいなら65V型もあります。

 

TH-65JZ2000

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでます

【2022年】元販売員が本音でランキング付け!格安大型テレビおすすめ5選

続きを見る

-レビュー, 家電
-

© 2022 ななんぶろぐ。 Powered by AFFINGER5