レビュー 家電

【超快適】iPad用キーボードケース ロジクールCOMBO TOUCHをレビュー

最近iPadもどんどんPCライクな使い方ができるようになってきたので、メールや資料作成、ブログ執筆などでも使いたい!って思うことが増えました。

 

iPad(タブレット)用のキーボードって相当な種類があって今まで何種類も試してみましたが、iPad Air(第4世代)を愛用している私の中で「これだ!」と落ち着いたのがLogicool(ロジクール)製のキーボードケース「COMBO TOUCH」

 

今回はCOMBO TOUCHを使い続けて感じたことをレビューしていきます。

 

本記事の信頼性

この記事は家電販売歴10年の私nananが書いています。

おうちに居ながら皆さんの家電選びのお手伝いが出来るように日々記事を執筆中。

詳しくはnananのプロフィールをチェック♪

こんな悩みを解決します

  • ロジクールのCOMBO TOUCH、使い心地は?
  • Apple純正のMagic Keyboardとの違いは?

 

iPad キーボードケース COMBO TOUCHをレビュー

COMBO TOUCH 全体

ロジクール製COMBO TOUCHを使い続けていて感じたことを紹介していきます。

 

デザイン性

COMBO TOUCH 素材

織物素材が使われえているのですごく上質な触り心地と見た目。

iPadカメラの突起もしっかりカバーできているのでカメラのキズ防止もバッチリです。

グレー系のカラーだから汚れが目立ちにくいのは持ち運びが多い私からすれば嬉しいポイントでした。
nanan

 

COMBO TOUCH 音量キー

サイドの音量ボタンも+と-で表示があるので一目でわかりますね。

めりこ
ショートカットキーもあるのでキーボード内でのコントロールもできますよ♪
COMBO TOUCH ショートカットキー

ロジクール公式HPより

 

Apple Pencil(第2世代)の装着もばっちりできるように設計されています。

 

ちなみに私は純正ではないiPad用スタイラスペンを使っています。
nanan

iPadからの直接充電には対応していないし、傾き、筆圧検知は非対応だけどメモ取りくらいなら超快適に使えて約3,000円。

めりこ
純正が約15,000円だから全然安いね。

COMBO TOUCH 充電ポート

もちろんカバーを付けたままでも充電OK。

結構安めのカバーって充電ケーブルとの穴位置がズレてたりするんですけど、さすがロジクール。

全く問題無しです。

 

スピーカー穴もばっちり避けてくれています。

 

COMBO TOUCH カバー&キーボード

キーボードは分離可能。

接続はBluetoothではなく、iPad本体からの給電式なので充電不要ですし、何より入力時の反応ズレが無いので長時間快適にタイピングできます

ペアリング不要なので、誰でも簡単に使えて楽!
nanan

 

COMBO TOUCH キーボード

キーボードはこんな感じ。

トラックパッドのサイズがとにかく大きいのでポインタを動かすのも楽ですし、複数指を使ったジェスチャー操作もやりやすいです。

 

使い心地

一番感動したのは打鍵感!

とにかく軽くて疲れにくい打ち心地…!

キーストロークが長いタイプに慣れている人は物足りなさを感じるかもしれませんが、軽い力でタイピングできるタイプが好きな人には使いやすい仕様だと思います。
nanan

 

COMBO TOUCH キーボード アップ

FキーとJキーには結構しっかりした突起があるのでブラインドタッチする際もホームポジションに指を戻しやすいです。

 

キー1つ1つも大きさは充分あるし、キーピッチも広いので誤操作も少なく快適にタイピングできました。

 

COMBO TOUCH スタンド角度

カバー背面はキックスタンド付きなので好きな角度でiPadを立てることができます。

写真のように最大限まで押し伸ばせばタッチペンでの入力もやりやすいです。

キーボードが取り外しできるから、作業しない時はキーボードを取り外しておけるので邪魔になりません。
nanan

 

持ち運びやすさ

iPad用のキーボードを探している以上、外出先含めてどこでも気軽にタイピング操作したいということだと思います。

気になる持ち運びやすさですが、結論からいうと「許容範囲内」です。

 

まず一番気になったのが重さ

iPad本体を含めるとトータル1,032g。※iPad Air(第4世代)Wifiモデル

Macbook Airが1,290gなのでその差は僅かですね。
nanan

 

純粋な作業目的だったらノートPCを持ち運ぶ方が使い勝手良さそうってのが正直な気持ち。

でもカバーによる保護能力(落としたときの耐久性)やゲームや動画視聴など色んな使い勝手を考えるとやはりiPadの方が良いのでやはり「許容範囲内」という感じですね。

めりこ
パソコン持ち運ぶのちょっと怖いもんね。

 

COMBO TOUCHの良かった点・微妙だった点

COMBO TOUCHを使い続けて見て感じた、良かった点と微妙だった点をまとめていきます。

 

COMBO TOUCHの良かった点

COMBO TOUCHを使い続けて良かったポイントは2つ。

  • Apple純正のMagic Keyboardより安くて使い心地も申し分なし
  • カバーを付けたままキーボードの脱着ができて便利

Apple純正のMagic Keyboardより安くて使い心地も申し分なし

そりゃ理想で言うと純正のMagic Keyboardは欲しいなと思いますが、3万円オーバーとか高すぎです…。

ロジクールのCOMBO TOUCHも決して安くはないけど2万円台なのでその差約1万円

レビューで書いている通り、使い心地は全く問題無しなのでロジクールかなり魅力的!
nanan

 

ちなみにMagic Keyboardも売場で何度か触ってみましたが、iPad本体とキーボードの距離が近すぎてキーボード上部のキーを使う時に窮屈な印象を受けました。

 

カバーを付けたままキーボードの脱着ができて便利

Magic Keyboardはキーボードと本体を分離する際にiPadは裸状態になってしまいますが、COMBO TOUCHはカバー装着状態のままなので、安心感があります。

COMBO TOUCH スタンド角度

めりこ
家の中でのリラックスタイム時もわざわざ別のカバーを付け直す必要がないのは楽ですね♪

 

COMBO TOUCHの微妙だった点

COMBO TOUCHを使い続けて微妙だったポイントは2つ。

  • やはり重たい
  • 作業時に本体背面にスペースが必要

やはり重たい

レビューで書いた通り、思ったより重たかったこと。

それでも本体をしっかり守ってくれている安心感もあるので大きな欠点とも言い難い…。

残念というより、もう少し軽くなればさらに良いのになという感じです。
nanan

 

作業時に本体背面にスペースが必要

COMBO TOUCH

キックスタンドを使ってiPad本体を支えているので、後ろにスペースがないといけません。

めりこ
奥行きがあまり無いテーブルだと置いての作業に制約が入ってやりづらいかも。
膝上での作業も出来なくはないですが、不安定なので慣れが必要です。
nanan

 

ロジクール COMBO TOUCHのラインナップ

ロジクール公式HPより

ロジクールのiPad専用キーボードケース COMBO TOUTHのラインナップを最後に紹介します。

所有しているiPadに合ったタイプを選びましょう。型式も似ているので間違いのないように!
nanan

 

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)用

商品型式:iK1275GRA

商品価格:26,730円(税込) ※2022年3月23日時点

 

iPad Pro 11インチ(第1~第3世代)用

商品型式:iK1176GRA

商品価格:22,770円(税込) ※2022年3月23日時点

 

iPad Air(第4世代、第5世代)用

商品型式:iK1095GRA

商品価格:22,770円(税込) ※2022年3月23日時点

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

私は仕事でも外でメールや資料などの文章作成もあったり、ブログ執筆もやったりするのでiPad用のキーボードにはこだわっています。

Bluetoothキーボードはコンパクト性はあるんですけど、打ち心地や接続性、レスポンスが微妙でした。

 

今回紹介したCOMBO TOUCHは本当にPCライクに作業ができるので作業中のストレスも激減して快適に使えています。

 

唯一ネックなのは本体の重さですが、使い勝手の良さというメリットが勝っているので私は全然許容できています。
nanan

 

COMBO TOUCHは満足のいく買い物だったので、iPad用キーボード選びに悩んでいるならこのブログ記事が参考になれば嬉しいです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-レビュー, 家電
-

© 2022 ななんぶろぐ。 Powered by AFFINGER5