レビュー 家電

元販売員が愛用するドラム式洗濯機 パナソニック NA-LX129Aの決め手と使用レビュー

NA-LX129A 外観

家電のプロは実際にどんな洗濯機を使っているか気になりませんか?

販売員歴10年の元販売員だった私nananが悩みに悩んで選んだ洗濯機は、パナソニックのドラム式洗濯機 NA-LX129A

今まで縦型洗濯乾燥機を使用していましたが、ついに念願のドラム式洗濯機デビューとなりました。

nanan
nanan

洗濯機選びの決め手についてや使用レビューを家電のプロ目線で紹介していきます。

本記事の信頼性

この記事は家電販売歴10年の私nananが書いています。

おうちに居ながら皆さんの家電選びのお手伝いが出来るように日々記事を執筆中。

詳しくはnananのプロフィールをチェック♪

こんな悩みを解決します
・ドラム式洗濯機選びの参考になる情報を探している
・パナソニックドラム式洗濯機 LXシリーズの使用レビューを知りたい
・NA-LX129Aをお得に購入したい
nanan
nanan

【追記】NA-LX129Aはモデルチェンジで生産完了になりました。後継機種のNA-LX129Bも基本性能は同じなのでそちらを検討している人も本記事は参考になるかと思います。

パナソニック NA-LX129A 使用感 徹底レビュー

パナソニック NA-LX129A

では早速NA-LX129Aの実力をレビューしていきます。

  • 使い勝手
  • 洗浄力
  • 乾燥力
  • お手入れ性
  • スマホ連携
nanan
nanan

この5ポイントを中心に詳しく紹介していきますね。

使い勝手

まず電源を入れると最初の画面がこちら。

NA-LX129A 起動画面

あ、どうも。こんにちは。

nanan
nanan

これは起動した時間によって挨拶が変わります。

ちょっとしたところですけど愛着湧きますね。

そして1~2秒後に画面が切り替わってから操作できるようになります。

NA-LX129A 履歴画面

これ購入してなにげに気に入っている仕様なんですが、過去の履歴がまず表示されてくれるんですよね

めりこ
めりこ

毎日使うコースって限られるからわざわざコースから探さなくても履歴から選択できるのはすごくストレスフリーですね。

洗剤柔軟剤おしゃれ着洗剤自動投入(トリプル自動投入)

NA-LX129A トリプル自動投入

ここ最近の洗濯機選びで重要視されている「洗剤柔軟剤自動投入」もしっかり搭載。しかもNA-LX129Aは他社より優れているポイントがあります

NA-LX129Aの自動投入 パナソニックならではのポイント
・おしゃれ着洗剤も自動投入対応
・液体洗剤(約1,010ml)、柔軟剤(約890ml)と他メーカーよりもたくさん入る大容量タンク
nanan
nanan

大容量タンクは本当にありがたくて、特大サイズの詰め替え用洗剤がまるまる1本入っちゃうくらい

詰め替えの回数も減らせてこれもストレス軽減に繋がるから洗濯機選びで決め手になったポイントの1つ。

例えばスーパーナノックスなら特大サイズで900g。これも1パック全部タンクに投入できます。

説明表示が親切

NA-LX129Aはカラータッチパネルなので直感的な操作もできるし、操作に困ったらヘルプで常にチェックできるのが素晴らしいポイント。

めりこ
めりこ

説明書をわざわざ出して確認しなくてもOKですね!

NA-LX129A 操作画面(説明ボタン)

コース説明について不明点があれば画面右上の「説明」というボタンをタッチ。

NA-LX129A 操作画面(説明画面)
nanan
nanan

コース内容や、対応衣類、衣類の投入方法などを詳しく教えてくれているので洗濯後の失敗に繋がりにくいから安心です。

洗浄力

ドラム式洗濯機は洗浄力に難アリなんて言われていたのは昔の話。

実際に私が販売員時代の頃からドラム式洗濯機の洗浄力が問題ないことは確認済みでしたが、自分自身で購入して使ってみることで満足いく洗浄力だということを再認識できました

軽い泥汚れや食べこぼしなど軽度のものなら「おまかせコース」で充分対応できますし、ちょっと頑固な汚れも「温水洗浄」や「つけおき」があるので安心です。

nanan
nanan

パナソニック洗濯機は「泡洗浄」で泡立てた洗剤液をしっかり衣類に浸透させて汚れを剥がし落とす洗い方。衣類に優しく効率よく洗浄していってくれます。

めりこ
めりこ

LXシリーズは透明窓だから洗濯中の様子がしっかりチェックできて見てて気持ちいいですよね。

NA-LX129A 洗濯の様子

上手に洗濯するコツ

ドラム式洗濯機は洗濯容量10㎏以上のタイプがほとんど。だから1度にたくさん洗える!ということで一度にたくさんまとめて洗う人も多いですが、これはおススメしません。洗濯量が多いと、「洗いムラが起きやすい」「シワになりやすい」などのデメリットが増えるのがドラム式洗濯機。なので洗濯容量も1回あたり6~8kg(4~5人分)でやるとより良い仕上がりになりやすいです

乾燥力

現時点でバランスが一番取れているヒートポンプ方式を採用しているNA-LX129A。

約65℃の低温乾燥で衣類の縮みを抑えつつしっかり乾燥。電気代も1回あたり約24円と非常に低コストです。

気になる時間については以下の内容で実験してみました。

実験に使用した衣類
ワイシャツ2枚/Tシャツ2枚/インナーシャツ2枚/短パン1枚/下着4枚/靴下4組分/フェイスタオル2枚/ハンドタオル2枚/バスタオル1枚
nanan
nanan

結構な量がありそうですが、これでも合計2.5㎏無いくらいです。

めりこ
めりこ

バスタオルが1枚あたり約300gと言われてるくらいだからね…。

乾燥容量6㎏って少なそうに感じるけど結構入れてもOKということね。

この量をおまかせコース(洗濯~乾燥)でスタート。

NA-LX129A 運転時間

衣類の量をドラム式洗濯機が自動センシングして目安の終了時間が表示されます。

nanan
nanan

あとは終了まで完全おまかせ。のんびりとテレビを観ながらくつろぎタイムです。

そして「ピーッ」という音で終了をお知らせ。ちなみにスマホ連携しているので洗濯終了や乾燥終了はスマホ側にもお知らせしてくれるから終了音の聞き逃しを防げます。

めりこ
めりこ

洗濯後は「洗濯レポート」で実際に掛かった時間などを詳しく教えてくれて便利。

状況に合わせて最適運転してくれたみたいで目安よりも早く終了してくれていました。

NA-LX129A 洗濯レポート
NA-LX129A 洗濯レポート②
nanan
nanan

水温や衣類の量、質を判断して時間短縮や省エネ運転してくれたみたいです。賢いですね。

肝心の仕上がりですが、乾きムラも全く無いし、ワイシャツもそのまま着ていけるくらいの許容範囲内でのシワの伸び方。終わりたてはホカホカふわふわ状態だから取り出すのも気持ち良いです。

上手に乾燥するコツ

洗濯時と同様入れすぎ注意!特に乾燥は容量が少ないほどシワ伸ばし効果が高くなるので仕上がり重視なら容量を3~4kgくらいで抑えるのがおススメ

またジーンズなどは乾燥すると縦ジワが目立つし、プリントTシャツはプリント時の劣化を考えると頻繁に乾燥しない方が良いです。

シーツや枕カバー、おしゃれ着などは特に表記をしっかりチェックしてください。「タンブラー乾燥NG」のものはドラム式洗濯機での乾燥は基本ダメなので自然乾燥で対応しましょう。

めりこ
めりこ

おうちクリーニングコースで洗ったセーターなど一部衣類はタンブラー乾燥NGと表示されていても「ソフト乾燥」で対応できるものもあります。

お手入れ性

家電を選ぶポイントっていくつもありますが、お手入れ性は私個人的には一番重要視するべきだと考えています。

そういう意味でこのNA-LX129Aはお手入れのしやすさ抜群です。

乾燥フィルター

NA-LX129A 乾燥フィルター

ドラム式洗濯機上部にある乾燥フィルター。

乾燥使用後は毎回お手入れが必要なパーツになるので、ここのお手入れのやりやすさは重要なポイントになります。

nanan
nanan

メインフィルターはステンレス仕様でホコリも簡単に取れます。シンプルな構造だし、凹凸も少ないのでお手入れしやすいのが特徴。

NA-LX129A 乾燥フィルター内部
めりこ
めりこ

フィルターが設置されている場所も本体前面だから身長が低い人も目視でしっかりお手入れできるのも嬉しいポイントですね。

nanan
nanan

ちなみに一度の乾燥でこのくらいホコリが溜まります。※閲覧注意!

パナソニックドラム式洗濯機 NA-LX129A メイン乾燥フィルター

この時の洗濯量が約3㎏くらい。洗濯量でホコリの量は増減するのでこれでも少ない方です。

パナソニックドラム式洗濯機 NA-LX129A サブ乾燥フィルター

こちらはサブのフィルター。メインのフィルターほどではないですがこちらもホコリが付いているので毎回しっかり取り除いてあげる必要があります。

nanan
nanan

掃除しやすいフィルターだからメインフィルターとサブフィルターの掃除やっても20秒くらいなので全然ストレスにはならないですよ。

乾燥フィルターのお手入れをサボると…

乾燥フィルターのお手入れをサボり続けると乾燥風の循環が悪くなったり、内部でホコリが蓄積されやすくなって乾燥効率がどんどん悪くなっていきます。最終的にエラーで乾燥できなくなる可能性も。

ここの修理となると2~3万くらいは掛かってくるのでお手入れはしっかりやっておくことが長く快適にドラム式洗濯機を使い続けるためのポイントです。

窓パッキング洗い

NA-LX129A 窓パッキング洗い
パナソニック公式HPより

パナソニックドラム式洗濯機(LXシリーズ)の共通機能である窓パッキング洗い

洗濯工程時に窓パッキングの裏側に水を流して付着している洗剤カスやホコリを洗い流してくれる超便利機能です。

nanan
nanan

窓パッキング裏側の汚れはドラム式洗濯機ユーザーの不満ポイントだったのでこれは待望の機能!

実際に何度も使い続けていても汚れが溜まりにくく、お手入れがかなり楽になっています。

約60℃槽カビクリーンコース

NA-LX129A 約60℃槽カビクリーン
パナソニック公式HPより

これは非常に画期的なコース。私nananがこの機種に決めた理由の1つです。

カビ対策のための月1度の槽洗浄。従来は洗濯槽クリーナーを購入し、約10時間かける必要があった大掛かりなケアを洗浄剤不要、たった約2時間で終わらせてくれるコースなんです!

nanan
nanan

約60℃の温水スチームで黒カビの発育を抑制。

所要時間も2時間だから洗濯スケジュールにも影響しにくいです。

めりこ
めりこ

洗浄剤のニオイが気になる人にもおススメですね。

NA-LX129A おすすめ便利コース3選

NA-LX129Aを実際に使っていて便利だなと思うコース上位3つを紹介しておきます。

nanan
nanan

毎日使うコースでは無いけど、あると心強いコースです!

化繊60分コース

化繊60分コース 対応表示
パナソニック公式HPより

ワイシャツやジャージなど化学繊維を多く含む衣類(~1㎏)を約60分で洗濯~乾燥までやってくれる超お急ぎコース

nanan
nanan

酷い汚れでなければ問題無し。

朝起きて、ワイシャツのストックが無いことを思い出した…。というハプニングにも対応できちゃいます。

めりこ
めりこ

ワイシャツなら5枚程度、ジャージなら上下1セットくらいまで大丈夫です。

子供の体操着や給食着なども緊急的に対応できるから安心です。

ダニバスターコース

ダニバスターコース 対応表示
パナソニック公式HPより

洗濯工程前に乾燥が入る面白いコースです。

ダニは洗うだけでは死なないし、毛布などの繊維にしがみついたまま離れません。なのでしっかり乾燥熱でダニを死滅させた後に洗濯工程で死骸を洗い流していきます。

nanan
nanan

洗濯時間は1時間半くらいと結構掛かるんだけど、毛布は毎日洗うものじゃないからこそ休日に徹底的に対応しておきたいですよね。

めりこ
めりこ

乾燥OKなものならダニバスターコースは洗濯~乾燥にも対応しています。

約40℃毛布コース

約40℃毛布コース 対応表示
パナソニック公式HPより

毛布に蓄積した皮脂汚れを約40℃の温水でしっかり落とすコース。毛布って直接肌に触れているので結構皮脂が付着していたり、汗を吸っているもの。夏場だと敷きパッドの洗濯にもおススメです。

nanan
nanan

実は温水に対応した毛布コースがある洗濯機って貴重なんです。

めりこ
めりこ

季節の変わり目で毛布を出したりクローゼットにしまったりする前のケアに使いたいコースですね。

NA-LX129Aと比較した他社ドラム式洗濯機たち

今回最後はパナソニックのNA-LX129Aを選びましたが、その他に比較したドラム式洗濯機を紹介しておきます。

NA-LX129Aと比較したドラム式洗濯機
・BD-STX110H(日立)
・TW-127XP1(東芝)
・NA-LX127A(パナソニック)
nanan
nanan

重視するポイントによっては今から紹介する機種がおススメという人もいるはず。

洗濯機選びの参考にしてください。

比較① BD-STX110G(日立)

正直ドラム式洗濯機買うならパナソニックか日立だと思っています。

日立は乾燥方式がヒートポンプ式ではないので量販店のスタッフからはおススメされにくい機種ではありますが洗濯槽の広さ+風アイロン効果で乾燥後の仕上がりはかなり良いです。

nanan
nanan

この仕上がりの良さや、15分でワイシャツ2枚分のシワ伸ばしができる「スチームアイロン」コースなど実用性のあるコースが魅力的なのが日立。

BD-STX110Gの良い点
・乾燥後の仕上がりの良さ
・スチームアイロンコースが便利
・本体デザインの良さ
・本体価格が手頃
BD-STX110Gの微妙な点
・温水洗浄非対応
・洗濯~乾燥時の電気代、水道代が高い
nanan
nanan

私nananが日立にしなかった理由はこの2つ。

本体価格はNA-LX129Aと10万近く違うので価格抑えたいなら日立ですね。

TW-127XP1(東芝)

世の中的はパナソニックと比較している機種として一番多いのがこの東芝ではないでしょうか。

温水洗浄、洗剤自動投入、洗濯乾燥スピード、熱交換器自動洗浄など本当にパナソニックのドラム式洗濯機と似ている点が多い機種。それでいて低価格なので注目されているのも理解できます。

nanan
nanan

あくまでも個人見解として述べますが、選ばなかった理由として東芝のTW-127XP1は実機を見たときに作りがチープだなと感じて購入しなかったです。

特に窓パッキングのところは厚みが無く耐久性が心配だった点、洗剤自動投入の2つ折りのフタもちょっと触っていて不安でした。

TW-127XP1の良い点
・温水洗浄、自動投入などパナソニック洗濯機の機能と似ていながら低価格
・珍しい2色展開(ブラウン色・ホワイト色)
TW-127PX1の微妙な点
・所々で作りがチープ
・お手入れ性がパナソニックの方が充実している
・詳しく説明を読むとUVの恩恵がほぼ無い
nanan
nanan

あくまでもパナソニックと比べてという話なので東芝が悪いとは思いません。

が、お手入れ性も重視するなら多少高くてもパナソニックだなと感じました。

NA-LX127A(パナソニック)

他メーカーでは無いのですが、NA-LX129Aとほぼ同等機能の機種。これも最後まで比較対象に入っている人多いと思います。

nanan
nanan

NA-LX129Aとの違いは主に2つ。

私の場合はタッチパネルを採用したことでスッキリしたデザインだった点、ナノイーXについて実際の効果を試してみたかったこともありNA-LX129Aを選びました。

操作パネルの違い

NA-LX129Aはカラータッチパネル。NA-LX127Aはホワイト液晶操作パネルが採用されています。

NA-LX129A カラータッチパネル
NA-LX129A 操作部
パナソニック公式HPより
NA-LX127A ホワイト液晶操作パネル
NA-LX127A 操作部
パナソニック公式HPより
nanan
nanan

NA-LX129Aの方が無駄なボタンや文字が少なくスッキリしたデザイン。

しかしボタン操作に慣れている人はLX127Aを選んだ方がストレスフリーかもしれませんね。

ナノイーXの有無

ナノイーX
パナソニック公式HPより

NA-LX129AはナノイーXを搭載しているので以下のことが可能。

  • 衛生ケア(消臭・花粉抑制・除菌/ウイルス抑制)
  • ナノイー槽クリーン
  • 洗濯かごモード

衛生ケアは水で洗えない衣類もケアできるからいざという時に便利だし、ナノイー槽クリーンは乾燥を使わないときの洗濯後に洗濯槽にナノイーを充満させてカビ抑制をしてくれます。

nanan
nanan

洗濯かごモードは予約運転や外出先からの遠隔操作を活用する人には超おススメ機能。

運転開始までのスタンバイ中にナノイーを充満させて衣類が入った槽内でのニオイ菌などの雑菌の繁殖を抑制し続けてくれます

NA-LX129Aをお得に購入する方法

今回私が購入したNA-LX129AやNA-LX127Aはメーカー指定価格商品となっていて、どこの量販店でも実質価格が同じになるように設定されている商品です。

nanan
nanan

家電量販店では価格交渉が一切できないのが特徴。

ある意味買いまわってどこがお得かチェックする手間が省けて良いなと感じます。

そんな条件の中で少しでもお得に購入する方法があるので簡単に紹介しておきます。

詳しく知りたい方は別記事で解説しているので併せてそちらもチェックしてみてください。

家電量販店での購入ならケーズデンキがおすすめ

家電量販店で購入するならケーズデンキをおすすめします。

nanan
nanan

実際に私はケーズデンキで購入しました。

理由は延長保証の内容

家電購入の際、みんな商品価格を一生懸命比較していますが保証内容もしっかりチェックすべきポイントです。

ケーズデンキはドラム式洗濯機に対して無料で5年保証が付いており、保証内容も5年間しっかり全額保証。保証レベルとしては色んな家電量販店の中でもトップだと思います。

めりこ
めりこ

価格がどこも同じなら保証の差でケーズデンキを選んだ方が良いってことですね。

価格重視なら楽天などのネット購入がおすすめ

実質価格が統一されているのは家電量販店での話。

ネットは特段制限を受けていないようなので、価格重視ならネット購入が一番です。

nanan
nanan

特に楽天ではSPUポイントやポイントアップイベント、スーパーSALEやお買い物マラソンなどを活用すれば1~2万円くらいお得に購入できます

めりこ
めりこ

購入時はドアの開きにも注意!右開きを希望するならNA-LX129AR-Wを選ぶようにしましょう。

nanan
nanan

私は急いで配送して欲しかった点と保証重視でケーズデンキでの購入にしましたが、楽天購入でも保証には入れるし、実質金額的にも計算したら楽天の方がちょっとお得でしたね(笑)

まとめ

今回は元販売員でもある私nananが実際に購入したNA-LX129Aのレビューを紹介しました。

他と比べたときの決め手になったポイントなども解説していますが、あなたが同機種を検討していて気になることがあればお気軽にコメント頂けると嬉しいです。

しかし8~9月がドラム式洗濯機のモデルチェンジ時期。なので今回紹介しているNA-LX129Aが購入できる期間も残りわずかだと思われます。

nanan
nanan

2022年9月18日時点でパナソニック、日立、東芝は新モデルへ移行済み。家電量販店で型落ちモデルを購入することはかなり難しくなっています。

発売時は40万円近くしていたNA-LX129Aも今は約31万円。それでも高いなとは思いますが家事への負担軽減はメンタル的にも相当助かっているので後悔は一切していません。むしろ2022年一番買って良かったなと思っているくらいです。

検討しているなら是非とも購入すべきだと思いますよ。

nanan
nanan

2022年発売の新モデルについては別記事でまとめています。興味のある方はこちらもチェックしてみてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-レビュー, 家電
-

© 2022 ななんぶろぐ。 Powered by AFFINGER5