Lifestyle

毎朝1分でモチベーションを上げるやり方。誰でも出来るストレス排除

めりこ
1日のやる気が起きない…。気持ちよく1日過ごしたい…。

1日のモチベーションアップって実は簡単に解決出来ます。ポイントは「やる気スイッチ」の押し方です。
nanan

今回は、充実した1日を過ごす為の方法を解説します。

モチベーションを上げるのは簡単

実はモチベーションって簡単に上げることが出来ます。

要は自分自身の「やる気スイッチ」が押せればOK。

ではどうやってそのスイッチを押すか。

 

結論、1分でも出来るような簡単なタスクをこなす事です

 

簡単なタスクでも「処理済み」状態になれば一定の達成感を得ることが出来るのでプラスの効果、そして何より「やらされていない、自ら行動した」という状況が良い心理状態を作れます。

1分で出来るタスク例

  • テーブルの上を片付ける
  • 洗面台やテレビ台などの拭き掃除
  • ベッドメイキング
  • 一言で返信出来るようなメールの返信

もちろん他にも例はあるはずです。とにかく「あーやりたくない…」とならないくらいのタスクをこなすのが大事です。

こんな経験ありませんか?

部屋の掃除をしなきゃいけない時、「やろう!」と決めて行動するまでに時間が掛かりませんか?

でもやり始めたらその気になってしっかりやると思います。

つまり“スイッチ”が入れば、モチベーションは上がるんです

 

あとはいかに簡単に押せるスイッチにするか。

「とりあえず、ゴミを捨てるか」など簡単なことから始めると、徐々にモチベーションを高める事が出来ます。

朝の1分タスクがもたらすメリット

メリット① 良いスタートが切れた気持ちになれる

後々、「あーあれやらなきゃいけなかった…。」というストレスが減ります。

 

どんなに簡単なタスクでも、朝にやっておくことで「今日は良いスタートが切れている!」という気持ちになり、良い心理状態でその後1日過ごすことが出来ます。

人間の感情って結構単純ですよね。「うまくいってる!」と思わせることが大事です。
nanan

メリット② 小さなストレスが蓄積しにくい

このメリットを特に感じるのが家事タスク。

家事って溜めてしまうから、いざやるときにストレスなんですよね。

朝のたった1分でも家事をこなせていれば、結構溜まりにくいです。

 

これも良い心理状態を維持しやすくなります。

これは本当におすすめです。休日の掃除が楽になるのでゆっくり出来る時間が増えてさらにストレス軽減に繋がります。
nanan

【応用編】あえて小さなタスクを残しておく

これは仕事の途中で行き詰まったり、モチベーションが低下してきた時におすすめ。

残しておいた1分タスクを挟むことで、気分転換になったり、再度スイッチを入れなおす事が出来ます。

 

ちなみに、仕事を中断する際は、残りあとわずかでタスク終了というところで中断するのがベスト

再開する際に「あと少しで終わる」という気持ちで臨める為、サッと取り掛かりやすいです。

まとめ

今回は朝1分のタスクで1日のモチベーションを高めていく方法を紹介しました。

私自身このやり方を2年以上実践し続けていますが、やっていなかった頃と比べてメンタルが安定しています。

ストレスは仕事効率も下げますし、プライベートも100%で楽しむことが出来なくなります。

 

朝のたった1分。されど1分。

 

明日から誰でも、すぐに実践できるやり方です。

是非とも皆さんも生活の中に取り入れてみてください。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

-Lifestyle

© 2021 ななんぶろぐ。 Powered by AFFINGER5